納得できる作品作り

最高の作品に仕上げる

ペンタブレット

自分でも素敵な同人誌を制作したいと思う人が今非常に増えています。
そして、同人誌を制作したいという人の多くが印刷業者を利用しています。
今の印刷業者は、フルカラーでも自分の思い通りの色を印刷する事ができます。
以前はフルカラーというと、なかなか自分の思い通りの色にならなかったという人が多かったですが、今は技術が上がり自分の思い通りの色が印刷で出るようになりました。
そして、技術が上がった事により、フルカラーでも自分の納得できる同人誌を作れるようになったのです。
入稿については各業者サイトで詳細に説明してあるので初心者でも大丈夫です。
同人誌の業者は様々な独自のサービスを行っています。
業者によってサービスの内容は全く違うので、よりお得な場所を選ぶ事で節約になります。
特にフルカラーの場合、印刷代が通常よりも高くなる事が多いので、フルカラーがお得なサービスを行っている場所を選ぶ事が大切です。
急遽同人誌を作る事を決めた場合、イベントに間に合うようできるだけ早く印刷をしたいと思っている人は多いです。
業者ではそういうニーズに応えてかなり早く印刷をしています。
特に業者まで直接持って行く事ができる人は、当日仕上げる事ができます。
当日仕上がるので非常に安いのも魅力です。
また、締め切りギリギリになってしまった人のためのサービスも行っています。
イベント3日前等ギリギリでもフルカラー印刷をする事ができるので、本当に助かったという人も多いです。

部数が少なくても依頼可能

印刷

同人誌を印刷するときは、ある程度の部数であれば印刷所に依頼した方が質もよく値段も安くなります。
特にフルカラーの同人誌を作るときは、印刷代やコピー代のことを考えても印刷所に依頼するのがおすすめです。
最近ではごく少部数にも対応したところが増えてきており、最低一部から刷ることができます。
十部から三十部程度のごく少数でも専門業者を通す価値はあるといえます。
フルカラー同人誌と言う場合、本文も表紙もフルカラーであるものを指すのが一般的です。
多いのは表紙がフルカラーで中はモノクロという、いわゆる市販のコミックと同じ形態のものですが、すべてフルカラーで作ることもあります。
特にイラスト集などで多く作られています。
フルカラーの同人誌は、本文がモノクロのものよりも価格が高いのが一般的です。
ですが、中にはモノクロと全く同じ価格で設定している業者も存在しています。
ネット注文の一般化により、価格競争は激化してきており、安さに特化したところも出てきています。
ただ、部数が増えると安くなるところ、少部数だと割高になるところ、少部数でも安いところと部数によってもコストは変わるので、その点も注意して選ばなければなりません。
また、締め切りが速いのもフルカラーの特徴です。
これも業者によりますが、一般的にはモノクロ部分より早く入稿することが求められています。
フルカラーにしたいのならば、その点を意識して作成しなければなりません。

自分だけの作品を作る

女性

自分の書いた本を出版したいと考えている人は、印刷会社に直接依頼して、本を印刷することもできます。
こうした会社の中には、白黒だけでなくフルカラーで印刷ができるお店もあります。
フルカラーで自分の書いた書籍を印刷することには、さまざまな利点があります。
特にこうしたメリットを活用しやすいのが、絵や漫画などの描かれた同人誌を出版する場合です。
近年ではパソコンの普及により、一般の人でも気軽にフルカラーの画像が描けるようになりましたが、そうした画像を作品として形のあるものにしたい場合には、本として出版するのが最適の方法です。
自分の描いた作品を同人誌という形で出版することで、より多くの人に自分の作品を見てもらうことができます。
そうした場合、フルカラーの作品ならば、よりわかりやすく自分の作品の魅力を伝えることができます。
フルカラーの作品を専門の会社で印刷することの利点は、質の高いフルカラー印刷ができることです。
専門の会社では原画の色合いを紙に忠実に再現できる技術があるために、同人作品全体のクオリティを高めることができます。
また最近では、こうしたフルカラー印刷を手頃な価格でできるようになったことも、専門の会社に依頼することの大きな利点です。
ひと昔前と異なり、現在では白黒印刷の数倍程度の料金で、フルカラー印刷が利用できるお店が増えています。
そのためフルカラーを中心にして同人誌を製作するような作家も増えています。